弱足☆ランニング

趣味の登山の体力作りのために始めた「ランニング」にハマって丸2年。初マラソンでサブ4を達成し、今度はウルトラマラソンに挑戦だ!と意気込んでいたところ、立て続けの怪我で意気消沈気味の日々。ブログを書いてモチベーション維持に努めているところ。まだまだ初級者だけど、いつかはモンブランを走るよ!

初めて北高尾山稜へ

そろそろ足裏の調子もよくなってきたところ。
まだ遠征は厳しいけど近場であればいいかなと、シルバーウィーク第一弾は初めての北高尾山稜トレイルに挑戦。

高尾山はかなり走り込んでいましたが、北高尾山稜は初めてですね。


北高尾山稜コースに入るには八王子城、城山林道、小仏関跡の3つあるようですが、今回は八王子城から入ることにしました。

f:id:katayanyan:20150919092239j:plain
この八王子城ですが、分岐が多く正に迷路。
コンパスと地図を持って行きましたが、1ヶ所コースアウトしてしまいました。
山頂からの景色はなかなかで、ここに城を築いた理由がよくわかります。

八王子城からは富士見台、狐塚峠と足を進めますが、とにかくクモの巣が多くて走れません。木の枝を持ってブンブン振りながら、それでも膝や顔にバシャって引っかかります。本来はクモの巣なんて突き破るのがトレイルランナー?

狐塚峠を過ぎると、対向者が現れ始めます。
でも、その後もクモの巣は健在。なぜだろう。

そして黒ドッケを過ぎたところで、遂に恐れていたことが。
十数人の団体さんとすれ違った直後、蜂の攻撃的な羽音に気づきました。
トレイルに目を凝らすと、地表30cmぐらいのところを数匹の蜂がこちらを見て威嚇しています。
団体の通過で蜂の巣を刺激してしまったんでしょう。

こちらは半袖短パンの軽装なので、突っ込むのは自殺行為。
このまま突っ立っていると、ますます興奮している様が見て取れたので、慌てて引き返しました。

少し戻って夕焼け小焼けふれあいの里へ下ろうかとも思いましたが、10分もするとやや蜂の数が減ったので、ダッシュで現場を通過。下り坂だったのも幸いでした。

赤い蜂だったので、スズメバチではないだろうと思ったのですが、後で調べてみてビックリ、どうやらチャイロスズメバチだったようです。

■チャイロスズメバチ
スズメバチ - Wikipedia


f:id:katayanyan:20150919120759j:plain
堂所山では予定より1時間近く遅れて到着。
難路とクモの巣と蜂の襲撃に少々お疲れです。


f:id:katayanyan:20150919124328j:plain
堂所山でコーラを飲んだら、やる気ダダ下がり。
小仏城山から南高尾山稜を通って帰るつもりでしたが、小仏峠で打ち切ることにしました。


北高尾山稜はほろ苦デビューでした。
コースも平坦なところが少なく、上り下りを繰り返すなかなかのコース。
次は蜂もクモの巣もない冬にチャレンジしたいですね。