弱足☆ランニング

趣味の登山の体力作りのために始めた「ランニング」にハマって丸2年。初マラソンでサブ4を達成し、今度はウルトラマラソンに挑戦だ!と意気込んでいたところ、立て続けの怪我で意気消沈気味の日々。ブログを書いてモチベーション維持に努めているところ。まだまだ初級者だけど、いつかはモンブランを走るよ!

勝田全国マラソンを走ってきました

昨日、勝田全国マラソンを走ってきました。
今季初のフルマラソンレース。
結論から言うと、サブ4は達成したものの自己記録更新はならず。
達成できなかった理由はトイレ休憩(+5:40)ですね。
どうしても我慢できなかったのです・・・orz

5km毎のラップは次の通り。

27:36(NET補正)
27:19
27:29
27:21
25:48
32:24←大ブレーキ
26:19
26:01

3:52:43(NET)

疲労骨折後、リハビリを除くと昨年末から1ヶ月で200kmぐらいしか走っていなかったので、この結果は仕方ないのかもしれません。
ただ、トイレの部分を除けば自己記録を更新しているので、だいたい2年前の秋ぐらいの体力には回復しているのかな。
3月にはIzuTrailJourneyが控えているので、それまでにはしっかり走り込みたいですね。

備忘を兼ねた気づき事項は次の通り。

  • トイレ休憩は大失態。排便習慣の見直し必要(朝型へ)。
  • 10、20kmの栄養補給は美味しかったし、上手くいった(PowerBarジェル、Medulistジェル)。30kmでカフェイン入りShotzを摂ったが、カフェインの覚醒効果はあまり感じられなかった。35kmで「ここでジョミ」を摂ったが、既に一杯々々。むしろ20kmぐらいで摂った方がよいのではないか。後、ここでジョミのゲップの匂いが苦手だ。
  • ハセツネとは違いマラソンの場合、1週間前からのカフェイン断ちは不要だと感じた。48時間前からでよさそう。
  • 後半、ペースを上げられたがトイレ休憩の影響か。ネガティブスプリットが上手くいったとは言えない。
  • ゴール時、息は切れず、足が重いばかり。走り込み量不足を感じた。⇒トレーニングに30km程度のロング走を組み込む。また、インターバル走もショートだけでなくロング(1~3km)も必要だと感じた。
  • 移動は往復とも普通列車グリーン車。足ものばせるしシートもリクライニングできて快適だった。片道+740円。2時間立ちっぱなしは耐えられない。特急は高すぎる。意外と空いていた。ただし、上野から乗れば普通車でも十分座れる。
  • 手袋が水を吸い込むタイプだったので、水スポンジを握ると指先が冷たく感じた。レース当日は暖かったので手袋は早めに外した方がよかったかもしれない。これはアームカバーについてもいえる。ヘッドバンド(Buff的なもの)をネックウォーマーとして使い途中からヘッドバンドとして使用したが、寒さや汗対策としてとても有効だった。
  • ワセリンによる防寒対策を施したが、レース当日は暖かかったため、効果の程は不明。要継続調査。
  • スタート地点から離れた広場で準備したが、これが正解だった。スペースも広くトイレも空いておりスムーズに準備ができた。
  • ガスター10飲み忘れた。走後、そんなに気持ち悪くなかったので、今回のレースでは体の限界まで攻めきれなかったのかもしれない。
  • うわさに聞いていたが、思った以上に登りがきつく感じた。30kmを過ぎの勝田ゴルフ倶楽部の3段坂にはまいった。
  • レース後、帰宅途中に地元のスーパー銭湯へ。混合浴がかなり効いて、翌日の疲労がかなり軽減された。さすがにサウナは遠慮した。
  • レース後の楽しみを作るべき。結局、赤コーラとタイ焼きで満足してしまった。ケーキをホールで食べるとか焼き肉食べ放題に行くとかレース完走後の楽しみを作ると、モチベーションを上げられると感じた。
  • ホスピタリティが抜群のレース。街中を走るので私設エイドはいっぱいあるし、公式トイレ以外に沿道の施設がトイレを開放してたり、至れり尽くせりです。中でもレース直前のおじさんの軽妙なアナウンスは絶妙。(でも一部マナーの悪い人がいてショック。勝田や東海の人たちごめんなさい。)
  • また股ずれをやってしまった。c3fitのハーフタイツ。縫い目の部分。直ばき。プロテクトS1の効果か、谷川真理ハーフより軽度。


日々是好日です。