弱足☆ランニング

趣味の登山の体力作りのために始めた「ランニング」にハマって丸2年。初マラソンでサブ4を達成し、今度はウルトラマラソンに挑戦だ!と意気込んでいたところ、立て続けの怪我で意気消沈気味の日々。ブログを書いてモチベーション維持に努めているところ。まだまだ初級者だけど、いつかはモンブランを走るよ!

ハセツネ反省ランで高尾山天狗コースへ

昨日は天気が良かったので奥高尾へハセツネ反省ランに出かけました。
コースは高尾駅⇒日影沢キャンプ場⇒小仏城山⇒小仏峠⇒美女谷温泉⇒底沢峠⇒景信山⇒小仏⇒高尾駅
本当は小仏から小仏峠、小仏城山に登り返して、日影沢林道を下るのですが、夕方に用事があったので、ショートカットしました。


f:id:katayanyan:20141018073409j:plain
高尾駅北口スタート。
朝なんで学生さんが多いです。
一駅先の高尾山口駅に行ったらハイカーだらけ。
すごいギャップを感じますね。


f:id:katayanyan:20141018081454j:plain
日影沢キャンプ場までウォーミングアップを兼ねてゆっくり走りました。
まだ節々が痛く、ハセツネ後、体力が回復していないことを感じます。


f:id:katayanyan:20141018085910j:plain
疲れが残っていましたが、小仏城山までは走って登れました。
走りやすい林道です。


f:id:katayanyan:20141018091307j:plain
小仏峠からは、相模原市(相模湖方面)へ下ります。
江戸時代の甲州街道です。


f:id:katayanyan:20141018093221j:plain
トレイルを抜けたところ。
美女谷温泉を目指します。
この辺、地図を持っていたのに迷ってしまい、スピードが出ません。


f:id:katayanyan:20141018093827j:plain
中央高速の下を通ります。


f:id:katayanyan:20141018094924j:plain
陣馬山明王峠の標識に従って進みます。
地元の人に「底沢峠に行きます」って言ったら「どこだそりゃ?」って聞き返されちゃいました。
地図を出して説明しましたが、明王峠辺りに出る山道があるのはご存知のようでしたが、そんな名前がついているとは知らなかったようです。
景信山方面に登る人は、私が下ってきた小仏峠から登るのが一般的らしいです。


f:id:katayanyan:20141018095843j:plain
底沢峠に至るトレイルは、スゴイ急坂で走れるところが少なかった。
そして荒れそうで荒れないトレイル。
林業関係者の作業道でもあるので、それなりにメンテナンスされています。


f:id:katayanyan:20141018102635j:plain
底沢峠到着。
ここからは景信山へは極上トレイルが続きます。
でも巻き道ばかり使ったら練習になりませんね。
次からは巻き道を使わないで行ってきます。


f:id:katayanyan:20141018105751j:plain
f:id:katayanyan:20141018105809j:plain
久しぶりの景信山山頂。
天気もよく、関東一円の景色がくっきり見えます。
山頂は激込みで、続々と登山者が登ってくる様子がうかがえます。


f:id:katayanyan:20141018111826j:plain
景信山を下ってトレイルが終わったところです。
ここで時間切れ。
ロードを高尾まで走って帰ります。
本当はここから小仏峠へ登り返し、日影沢林道を下る予定でした。


f:id:katayanyan:20141018141031j:plain
景信山山頂を11時過ぎに出て、高尾駅にはちょうど12時に到着。
温泉施設ふろッぴィ行きの送迎バスの時間に間に合いました。

山の帰りの温泉・銭湯はとてもいいですね。
疲労回復促進や汚れを落としてさっぱりとすることが一番の狙いですが、ダニなどの虫落としの効果もあります。
今日のトレイルは笹が多かったから、特にその必要性がありましたね。

距離:25kmぐらい
累計高低差(+):1200mちょっと

高尾・陣馬は主稜線を外すと人も少なく迷惑をおかけすることもあまりないので、トレーニングに集中できます。

日々是好日