弱足☆ランニング

趣味の登山の体力作りのために始めた「ランニング」にハマって丸2年。初マラソンでサブ4を達成し、今度はウルトラマラソンに挑戦だ!と意気込んでいたところ、立て続けの怪我で意気消沈気味の日々。ブログを書いてモチベーション維持に努めているところ。まだまだ初級者だけど、いつかはモンブランを走るよ!

ハセツネ試走3 鞘口峠~五日市会館(Goal)後編

飛び石連休の最終日、ハセツネコース(鞘口峠~五日市会館)の試走第三弾に行ってきました。
天気は曇り。気温は低く、絶好のトレラン日和。
トレイルには多くのランナーが試走していました。

今回の目的はハセツネコース後半のコースの確認行うこと。

山の友人に出会ったり、ミスターハセツネこと奥宮選手のツアーと前後したり、先日の試走の際、お会いした方といきなり再開したり、刺激的な試走となりました。

今回は後編の大ダワから始めます。

f:id:katayanyan:20140923130550j:plain
大ダワ。

便意と格闘すること2時間ちょっと。
大ダワで用を済ませてからは、やっとまともに走れるようになりました。
ここまで本当にきつかった。

大ダワから大岳山へは比較的走れるところが続きます。
馬頭刈尾根分岐あたりまではストックなしで進みたいです。


f:id:katayanyan:20140923135014j:plain
f:id:katayanyan:20140923135038j:plain
大岳山。
ここで先行している山仲間に追いつきました。
残念ながら富士山は見えませんでしたが、三頭山、御前山がくっきり見えました。

大岳山からの下りは岩場です。
本戦は注意して下りたいところ。
脚へのダメージも大きいので要注意です。
足裏からの突き上げが痛い。


f:id:katayanyan:20140923140342j:plain
f:id:katayanyan:20140923140132j:plain
変わった狛犬が特徴の大岳神社。
社のすぐ横を通り抜けることから、旅の安全を祈願して、お参りしていきたいところです。
岩場の激下りもここまで。


f:id:katayanyan:20140923142556j:plain
綾広の滝上部の水場。
冷水がたっぷり出ており、ハイドレーションもすぐに一杯になりますね。
行列していても、すぐにはけます。
顔も洗ってスッキリ。
コース後半のリフレッシュポイントです。


f:id:katayanyan:20140923144126j:plain
f:id:katayanyan:20140923144113j:plain
長尾平売店前(3CP)。
ご存知、「長谷川恒夫」記念碑前です。
休日は、売店前のテーブル席は観光客で一杯です。


f:id:katayanyan:20140923144926j:plain
御岳神社
本戦は鳥居のあたりを通るだけですが、今日は神殿までご挨拶。
トイレ有、水場有です。
御岳神社参道は試走時最後の大休憩場所。
コーラでも飲んで、次に備えたい。
今回、気づいたら20分ぐらいの大休憩でした。ヤバいヤバい。


f:id:katayanyan:20140923152609j:plain
f:id:katayanyan:20140923152707j:plain
日の出山。
登りはストックに切り替えて歩いて登ります。
奥宮さんのツアーと並行して進みましたが、彼らは走って登ってました。私は無理だ・・・。
山頂からは都内が一望できます。当日は夜景かな。(去年は日の出でした。あれっ!?orz)


f:id:katayanyan:20140923153743j:plain
日の出山を過ぎるとダミー分岐が複数あります。
本戦はスタッフがいるので問題ないのですが、試走時は注意が必要。
誤ってつるつる温泉に下りないように。
また、金比羅尾根への近道表示が紛らわしいです。


f:id:katayanyan:20140923163309j:plain
長くなだらかな金比羅尾根をひたすら下り、金比羅神社を過ぎると、五日市の街が見えてきます。
舗装路と砂利道が入り混じる激下りです。
大腿四頭筋の痛みに耐えながら下るこの道を栄光のビクトリーロードにしたいものです。


f:id:katayanyan:20140923164515j:plain
ゴールの五日市会館。
いつもは静かな場所のようです。
思わずガッツポーズで仮想のゴールに突入。
すぐ後ろから来ていた試走者に微笑まれてしまった。ちょっと恥ずかしい・・・。


f:id:katayanyan:20140923170215j:plain
武蔵五日市駅まで戻ったら、すぐに拝島行の電車に乗車。
今日は荷物を秋川に置いているので、ゆっくりしているヒマはありません。
わずかばかりの達成感につつまれつつ、早々に移動します。


f:id:katayanyan:20140923173609j:plain
阿伎留の四季(あきるのとき)。
秋川駅から思ったよりも近く、設備はとてもきれいです。
惜しむらくは天然温泉でないところでしょうか。
でもその分、90分コースが650円とお得になってます。
瀬音の湯、つるつる温泉、数馬温泉と競合が多いから大変そう。
試走の疲れを癒します。

■阿伎留の四季公式Webサイト
http://www.akirunotoki.com/


日々是好日