弱足☆ランニング

趣味の登山の体力作りのために始めた「ランニング」にハマって丸2年。初マラソンでサブ4を達成し、今度はウルトラマラソンに挑戦だ!と意気込んでいたところ、立て続けの怪我で意気消沈気味の日々。ブログを書いてモチベーション維持に努めているところ。まだまだ初級者だけど、いつかはモンブランを走るよ!

ハセツネ試走3 鞘口峠~五日市会館(Goal)前編

一昨日、ハセツネコース(鞘口峠~五日市会館)の試走第三弾に行ってきました。
ちょっと長くなったので今回はその前編です。

天気は曇り。気温は低く、絶好のトレラン日和。
トレイルには多くのランナーが試走していました。

今回の目的はハセツネコース後半のコースの確認行うこと。

山の友人に出会ったり、ミスターハセツネこと奥宮選手のツアーと前後したり、先日の試走の際、お会いした方といきなり再開したり、刺激的な試走となりました。

f:id:katayanyan:20140923073446j:plain
f:id:katayanyan:20140923073318j:plain
先日の試走の際、武蔵五日市駅のコインロッカーがギリギリだったので、今日は安全を見て、1本早い電車に乗り、一度、秋川駅で下車し、改札内のコインロッカーに荷物を預けます。(秋川駅のコインロッカーは一度出る必要がないのがありがたい。)
帰りに『阿伎留の四季(あきるのとき)』(秋川駅より徒歩5分)に立ち寄るので、武蔵五日市駅においても秋川駅に置いても同じという判断です。
武蔵五日市の駅のロッカーを確認したら、割と空いてました。ちょっと気にしすぎたかな。)


f:id:katayanyan:20140923082041j:plain
秋川駅に荷物を置いてきたので、武蔵五日市駅に着いたらバス乗り場へ直行です。
改札近くで山の友人に出会う。
日曜日、上川乗まで行ってきたって言ってたので、今日は続きかな。

相変わらずバスを待つ人で行列していました。バス増便は3台。
早めに並んだので、悠々と座れました。周りはトレランの人ばかりでしたね。
並んでいるとき行列の近くにミスターハセツネ「おっくん」こと奥宮選手がいることに気付き、一人感激してました。
今日はツアーのようで、終始前後を走っていましたね。


f:id:katayanyan:20140923094823j:plain
都民の森で山の友人と再会。どうやら今日は同じコースのよう。健闘を称えあって別れます。
ゆっくり準備をしていたら、最後の一人になってしまったようです。
よかった。のんびり出発です。


f:id:katayanyan:20140923100602j:plain
都民の森を出発して、一つ気になっていたのがおなかの調子。
トイレに行こうか、迷っているうちに、道にも迷ってしまいました(笑)
しかし、どこだここは・・・orz

迷った道を突っ切って行ってもよかったんですが、スタートの鞘口峠には行きたかったので、山で迷子になった時の原則に立ち返って引き返しました。(これ重要)
ところで道迷いに気を取られ、トイレに行くことをすっかり忘れていました。
忘れるぐらいなんだから大したことはないだろうとタカをくくっていましたが、このことで地獄を味わうことになろうとは、このときはつゆ知らず・・・。


f:id:katayanyan:20140923101503j:plain
f:id:katayanyan:20140923101457j:plain
鞘口峠。
三頭山からの激下り後、いきなり激登りが続きます。
やはりここはストックに切り替え、しっかり歩きたいところ。


f:id:katayanyan:20140923103754j:plain
f:id:katayanyan:20140923104415j:plain
風張峠。
写真ではわかりづらいかもしれませんが、ここからしばらく、左側が切れているところが続きます。
本戦ではストックをしまい、ハンドライトでしっかり足元を照らしたいところです。


f:id:katayanyan:20140923104713j:plain
一度、奥多摩周遊道路に出ます。
当日はスタッフの方がいるので、迷うことはないと思いますが、試走時は誰もいないので要注意です。


f:id:katayanyan:20140923105020j:plain
2度目の奥多摩周遊道路は舗装路に出ないので、迷うことはないと思います。


f:id:katayanyan:20140923105232j:plain
f:id:katayanyan:20140923105506j:plain
再度、トレイルに入りますが、紛らわしい分岐が2つあります。
1つ目はまっすぐ。2つ目は右折。
1つ目はハセツネ杭がないので、ちょっと注意が必要。
2つ目はハセツネ杭があり、道も木で塞いでいます。
当日は、誘導灯がついていますので問題はありません。
むしろ試走のときに迷いやすい場所だと思います。


f:id:katayanyan:20140923105848j:plain
月夜見山。
ここまでくれば、月夜見第二駐車場(CP2)まで後少し。


f:id:katayanyan:20140923110406j:plain
月夜見第二駐車場(CP2)です。
本戦ではここで1.5Lの水またはスポーツ飲料を補充できます。
ちなみに漏斗がありますので、プラティパスにも補給できますよ。

この日はここで奥宮さんのツアーに追いつきました。

このあたりからお腹の調子がご機嫌斜め。
水を飲んでも、食糧を食べても、スピードアップしても便意を催すという緊急事態。
とにかくトイレのある大ダワまで頑張りたい。


f:id:katayanyan:20140923110914j:plain
月夜見第二駐車場直後の下り坂。
写真ではわかりづらいのですが、赤土の激下りが続きます。
雨の日はもちろんですが、降っていなくても夜露で濡れ、とても滑りやすくなっていますので要注意です。


f:id:katayanyan:20140923112540j:plain
小河内峠。
ここから御前山への登りです。
ハンドライトをしまい、ストックに切り替えたいところ。


f:id:katayanyan:20140923115737j:plain
惣岳山
御前山のダミーピーク。
御前山まで後ちょっと。


f:id:katayanyan:20140923121023j:plain
御前山。やっと着いた。
御前山からの下りは段差の大きい階段が結構つらいです。


f:id:katayanyan:20140923121804j:plain
f:id:katayanyan:20140923121901j:plain
f:id:katayanyan:20140923121825j:plain
御前山避難小屋。
きれいな設備です。
水場もそばにあります。でも本戦で、この水を飲んでは失格です。ご注意あれ。


f:id:katayanyan:20140923130550j:plain
大ダワ。
助かった。トイレに間に合った。これで地獄の時間ともおさらばです。
初めてここのトイレを使いましたが、とてもきれいです。しかも紙がある。これには驚きました。


今回は前編ということで、とりあえずここまでです。

日々是好日