弱足☆ランニング

趣味の登山の体力作りのために始めた「ランニング」にハマって丸2年。初マラソンでサブ4を達成し、今度はウルトラマラソンに挑戦だ!と意気込んでいたところ、立て続けの怪我で意気消沈気味の日々。ブログを書いてモチベーション維持に努めているところ。まだまだ初級者だけど、いつかはモンブランを走るよ!

燕岳~大天井岳~常念岳~蝶ヶ岳~上高地縦走の記録(1日目)

先週末、久しぶりに北アルプスを縦走してきました。
場所は燕岳~大天井岳(泊)~常念岳蝶ヶ岳(泊)~上高地

事の発端は山仲間が集まった席で、黒戸尾根ピストン・ツェルト泊に行ってきた仲間が、2泊3日でお勧めのところはない?との問いに、燕~常念縦走がいいよと気軽に答えてしまったことから始まったのでした。

登山は普段、単独縦走が主な私にとって、パーティ登山で仕切るのは初めての経験。
人数分のバスや電車の予約やコース設定等、とにかくやれるだけのことはやりました!

往路は毎日アルペン号で中房温泉へ。
集合は竹橋・パレスサイドビル1Fのロビー。
新宿や八王子と違って、屋根のあるところで待てるのはうれしい限りです。

中房温泉には定刻通り着。

f:id:katayanyan:20140823062337j:plain

今回の縦走はテント2泊ということで、ザック重量は水無しでも20kg超のため、水の量はシビアにチェック。
中房温泉には湧水があるので、とりあえずそこで水をチャージ。

f:id:katayanyan:20140823055439j:plain

コースタイム通りなら10時間弱のコース。
中間地点の燕山荘で水が補給できそうなので、最初は2Lぐらいですかね。
中身は水とクエン酸飲料のボトル+プラティパスの組み合わせです。
長時間の運動にクエン酸飲料は欠かせません。


ゆるゆる準備をして、中房温泉をスタートしたのですが、合戦尾根の急こう配とザックの重量に苦戦。
合戦小屋まではなんとかコースタイムを上回るものの、その後失速。
喫煙者のいるパーティのコースタイムの見積もりは難しいです。
合戦小屋ではおなじみのスイカをいただきました。
デカイ!美味い!

f:id:katayanyan:20140823095756j:plain

さて、取りつき当初、曇っていた空も、燕山荘に到着する頃にはすっかり晴れていました。
稜線に出た瞬間、目に入る槍、裏銀座方面の眺望の美しさは、絶品です。さすが表銀座!

f:id:katayanyan:20140823114243j:plain

もちろん、燕岳も最高です。さすが北アの女王です。

f:id:katayanyan:20140823114154j:plain

f:id:katayanyan:20140823121025j:plain

f:id:katayanyan:20140823114820j:plain

大天井岳への稜線に雷雲はなし。
ここで雷にやられるとマズイ!

f:id:katayanyan:20140823120833j:plain

大下りは苦手です。

f:id:katayanyan:20140823143132j:plain

切通岩の喜作レリーフまできたら、あとわずか。

f:id:katayanyan:20140823160231j:plain

そして、なんだかんだで大天荘前のテント場に到着。
ちょうど10時間かかってしまいました。
20kg以上背負って10時間以上歩くなんて聞いていなかったなんて怨嗟の声は軽くスルーです。

f:id:katayanyan:20140823173443j:plain

我々を入れてテントは10張り程度でしょうか。
この日は早々に幕を張ってお休みです。

f:id:katayanyan:20140823173714j:plain

日没前に表銀座や穂高~槍が全部見れて幸福感もひとしおです。

f:id:katayanyan:20140823180620j:plain
f:id:katayanyan:20140823180828j:plain

ちなみに深夜の強風で同行者のツェルトのストックは見事に倒れたとか。
改めてテントの耐風性に感謝です。(ビクともしなかった)