弱足☆ランニング

趣味の登山の体力作りのために始めた「ランニング」にハマって丸2年。初マラソンでサブ4を達成し、今度はウルトラマラソンに挑戦だ!と意気込んでいたところ、立て続けの怪我で意気消沈気味の日々。ブログを書いてモチベーション維持に努めているところ。まだまだ初級者だけど、いつかはモンブランを走るよ!

ヘッドライトランのすすめ

平日はナイトランが中心の私にとって、夜間走行時の安全性確保は永遠のテーマかもしれません。

以前、何も対策をせず走っていたところ、正面衝突しそうになるアクシデントが頻発。
無灯火チャリのスマホながら運転の困ったちゃんはともかく、黒ずくめのランナーは気づいたらもう目の前ということがしょっちゅうでした。

そのため、まず導入したのが、山で使っていたブラックダイアモンドのSPOT(ヘッドライト)です。
f:id:katayanyan:20140705063534j:plain
旧式でルーメンも低いのですが、路面を照らしたり、対向者を早期に発見する分には問題ありません。
なにより、相手に気づいてもらえる可能性が格段に上がったため、飛躍的にナイトランの安全性が向上しました。
エネループを使っているので、電池のコストも気にしなくていいですしね。

リフレクターや点滅灯など、ナイトラングッズを装備して走られている方を見かけますが、やはり照度不足を感じます。
ヘッドライトは頭がもぞもぞして気持ち悪いし、わざわざそんなものをつけてまでナイトランをする人はあまりいないと思いますが、コースに暗がりが多い場合など、思い切って装備してみてはいかがでしょうか。

さすがに皇居では不要だと思いますが、私のホームコースである多摩川土手は暗がりが多く、ヘッドライトはありがたいですね。

レース対策のため、ヘッドライトに慣れておくってのもいいかもしれません。
私もハセツネ対策のため、そろそろジェントスに切り替えたいと思っています。
こちらはSPOTほど軽くないので、ちょっと注意が必要ですね。